MUSASHINO ART UNIVERSITY | DEPARTMENT OF INDUSTRIAL, INTERIOR AND CRAFT DESIGN

武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科

interior

専攻の特徴

私たちはデザインに対して常に実験的なアプローチを重視しています。(私たちは)物の存在のあり方、人間の行為に対して概念的なアプローチを行いながら、具体的な素材に触れながらデザインを学んでいきます。この抽象と具象の行き来するプロセスは既成概念にとらわれないデザインを生み出す基礎の力となります。
インテリアデザインは物単体からその周囲の室内空間、さらにその周辺環境まで異なるスケールを対象とします。授業では照明器具、椅子などのプロダクト、住空間や店舗などの空間をその本質に立ち返り、デザインを進めます。「棚」をデザインするのではなく「物が存在する場」をデザインするのです。枠組みを超えて思考し、試行を重ね、人間にとって必要な価値を生み出す能力を養います。
また卒業後、日本だけでなく世界を舞台に活躍できるように、対応カリキュラムの構成、海外からのゲスト教授の招へい、海外プロジェクトに積極的に取り組んでいます。

カリキュラム

1年次~2年次前期
工芸工業デザイン学科での学習の基盤となる様々な考え方と素材の基礎を学ぶこの期間、インテリア研究室では基礎実習「座るかたち」、「内と外」と基礎演習「製図・レンダリング」の空間製図を行っています。

●基礎実習 座るかたち
各自が環境の中に存在する座る場について研究をします。その研究成果をもとに座るための形をオリジナルのデザインをスケールモデルで製作し、発想から計画へ至るプロセスを学びます。デザインを進める段階で美術館の近代椅子コレクションを用いて素材・構造、造形と発想との関係を学びます。

●基礎実習 内と外
日常の生活の中から「内と外」を意識させる物・事象を見つけ出し、その調査研究の成果を軸に独自の表現方法を探求した上で内側と外側をテーマとしたデザイン・製作を行います。

2年次後期~4年次
インテリアデザインは家具から大規模店舗まで幅が非常に広い分野ですが2年半の期間の中で将来にわたりデザイナーとして必要となる、考え方、表現技術の根幹を学習し、高い応用力を身につけます。また作品の方向性を限定することなく、各自の表現をいかに引き出せるかを教員と共に考えていきます。

2年次後期
●照明の形と効果 (プロダクトデザイン)
照明器具をデザインするプロセスを学びます。インテリアプロダクトの基礎として器具単体ではなく周囲の空間と置かれたものとの関係を作ることを光を通して学びます。

照明 int課題

●パーソナルスペースのデザイン(プロダクト・空間デザイン)
実測を通して身体と物、空間の関係を理解し、主張のある自分の空間を計画します。また実寸モデルを通して上記の理解を深めます。

●住空間デザイン(プロダクト・空間デザイン)
「壁」をテーマに客観的な視点で調査・研究・デザインをします。空間を構成するためのデザインコンセプトとそれの造形化を段階を踏んだプロセスに基づいて学びます。
壁 int課題

壁 int課題2

3年次
●インテリアエレメントのデザイン(プロダクトデザイン)
「物」は空間の中にどのように存在し、そして人と関わるのであろうか。この課題では「本」を題材に、物とその周辺の空間と人をつなぐ造形を考えます。

棚 int課題
matsushita 640px

●ものを見せる空間のデザイン(空間デザイン)
「もの」は置かれる空間によって全く異なる価値をその空間とともに生み出します。そこを訪れ人に対し、いかにして価値を伝える空間を作るかをショップのデザインを通して学びます。
shop

●チェアーのデザイン(プロダクトデザイン)
椅子は、それを対象に様々なテーマで多くのデザイナー、建築家が表現を行ってきました。ここでは各自が椅子を通して自分のデザインテーマを発見し、表現することを原寸で実際に座れるプロトタイプを工房で自分の手で製作することを通して学びます。

椅子 int課題2椅子 INT課題 3

●住環境のデザイン(空間デザイン)
狭小の敷地に建つ住宅をデザインします。外部環境の読み取り、狭小の空間の中でのエレメントと素材に重点を置きながら住環境にかかわる関係性を総合的に提案することを学びます
Home 640px

4年次
●食空間のデザイン(空間デザイン)
商業空間は商売の場であると同時に都市文化を形成しています。ここでは「食」をテーマに文化をサービスとして提供する空間づくりを企画からディティールのデザインまで現実の仕事のプロセスに近似した形で学びます。

●Material Matters:(プロダクトデザイン)(選択)
“新素材”がテーマです。既存の新素材、または自分で新素材を開発し、それを主素材としてプロダクトをデザインします。多くのデザインされた商品が出回っているこの時代に新たに物をデザインする意味とは何でしょうか?オリジナリティーのあるデザイン(プロダクトデザイン、空間デザイン)を生み出すことが、非常に難しくなっています。この課題は新しい素材に着目する事で、新しい機能や価値観を生み出す可能性を探るものです。

material 640px

LAM 320px

●人・環境・文化(空間デザイン)(選択)
既存の都市空間・建築物を深く観察し、それに対して操作を行うことで、新しい価値・機能を生み出す場を生成することを学びます。

●Future Calling:(プロダクトデザイン)(選択)
生活環境は時代とともに変化しています。それに伴い生活スタイルも変化を続けています。この課題では、今から30年後の生活を想定し、 インテリア・エレメントをデザインします。 すぐに商品として流通する可能性のあるものを追求するのではなく、その作品の意味や考え 方が将来のデザインや物づくりを行う上で何か大事な意味を持つといったような提案を期待します。
30プレゼン1

●卒業制作
int卒制 640pxint卒制 2 640px
卒制3

 

卒業制作

  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 2016

教員紹介

進路

インテリアデザインは幅の広い分野ですが当コースでは様々な分野において将来にわたって活躍できる柔軟な「基盤」を身につける教育を行っており、多くの卒業生が社会で活躍しております。
具体的な職種は店舗、オフィス、住宅などのインテリア空間のデザイン、家具、照明器具、衛生機器、生活雑貨などのプロダクトデザイン、建築設計、環境デザイン、展示・ディスプレイデザインなどです。
また大学院進学、海外留学も希望する学生には積極的にサポートをしております。

■主な就職先(50音順)

(株)アルフレックスジャパン、(株)イトーキ、(株)伊東豊雄建築設計事務所、(株)イリア、(株)内田洋行、(株)ウッドユウライクカンパニー、(株)LVJグループ株式会社(ルイ・ヴィトンジャパン)、(株)大塚家具株式会社、(株)岡村製作所、(株)オーデリック、(株)オリバー、(株)キギ、(株)小泉産業、(株)コクヨ、(有) 近藤康夫デザイン事務所、(株)サンゲツ、(株)ジーク、(株)GKインダストリアルデザイン、(株)ジンクラモトスタジオ、(株)Simplicity、(有)スキーマ建築計画、(株)スペース、(株)日本デザインセンター、(株)バンダイ、(株)スタジオ80、(株)スペース、(株)積水ハウス、(株)タカラスペースデザイン、(株)竹中工務店、(株)立川ブラインド、(株)田村設計、(株)丹青社、(有) トネリコ、(株)ナショナル設備建材、(株)七彩、(株)日建スペースデザイン、(株)日本設計、(株)日本デザインセンター、(有)nendo、(株)NOSIGNER、(株)乃村工藝社、(株)博報堂、(株)フィールドフォー・デザインオフィス、(株)平成建設、(株)松田平田設計、(株)メック・デザイン・インターナショナル、(株)モデュレックス、(株)大和ハウス工業、(株)LIXIL、(株)リーフデザインパーク、(株)YKKアーキテクテュラルプロダクツ

■主な進学先

英国王立芸術大学大学院(Royal College of Art)(ロンドン)
プラット・インスティチュート大学院(ニューヨーク)
アールト大学大学院(ヘルシンキ)
ヘリット・リートフェルト・アカデミー(アムステルダム)
デザイン アカデミー アイントフォーヘン(オランダ)
ローザンヌ美術大学・ECAL(スイス)
東京藝術大学大学院

 

産官学

take
●EDS竹デザインプロジェクト
文部科学省の現代的教育ニーズ取組支援プログラムであるこのプロジェクトでは、開発途上国での竹を用いて製品を作る際に何らかの形で寄与するプロトタイプが大きなテーマです。
竹の家具といえば竹の自然の姿をそのまま活用した造形、あるいは成形合板で竹を固める造形をしたものが現在のところほとんどです。それらは椅子であれ、テーブルであっても非常に体積が大きいものでコンテナでの輸送や店舗でのストックには不向きで、開発途上国の製品を海外に出したいと考えるときのネックになるのですが、その解決につながるきっかけとなるプロダクトとしてを「ノックダウン可能な竹の家具」を研究しました。
プロジェクトの詳細を見る


●ODCDプロジェクト2007 「生活に水を取り入れる蛇口とその空間」のデザイン
2006年に引き続き、日韓中同じメンバーにて主催は本学、主導はインテリアデザインコースで行いました。テーマの"蛇口のデザイン"は考え方次第でローテクからハイテクまで領域はかなり広く、学生にとって取組み易かったといえます。"水"に対する感性は各国異なるようで、そこにそれぞれのデザイン性が見えてくるのがこのプロジェクトの面白さです。支援企業(株)INAX常滑本社の研修所で大々的に発表会を行い、東アジアのデザイン力を再認識し、又アピールしました。
※ODCD(Oriental Domestic Culture & Design)国際化教育推進を前提とした日韓中合同授業・共同研究

 

satoshoko_1

IKEA プレゼン
●IKEAプロジェクト 2017
このプロジェクトはIKEAスウェーデン本社からの提案により、世界のプロダクトデザインのトップ校であるロンドンにある英国王立芸術大学大学院(Royal College of Art), ニューヨークにあるParsons School of Design、そして武蔵野美大工芸工業デザイン学科インテリアデザインコースとIKEAスウェーデン本社により行われたものです。 IKEA社の提唱するDemocratic Design というコンセプトに基づきの産学共同プロジェクトで学生が取り組みました。
IKEAスウェーデン本社からデザイン部のマネージャの方が来日し前提講義、大学でのオリエンテーションとプレゼンテーションを行いました。最終プレゼンテーションではIKEA本社がプロトタイプを制作し、世界最大の家具・プロダクトデザインの祭典であるミラノサローネ(イタリア)にて発表しました。学生ならではの独自性の高い提案が多く提出され好評をいただきました。

odcd
●ODCDプロジェクト2005 「しきりと空間」のデザイン
本学工芸工業デザイン学科インテリアデザインコースー韓国国民大学インテリアデザイン学科ー(株)INAX間において"東洋思想に基ずくインテリア領域の研究とデザイン"をベースに「しきりと空間」というテーマで産学共同授業を行いました。
"しきり"の捉え方の自由度を高め、現実的なものから心理作用を応用した概念的な作品など多く提案されました。
TOP