MUSASHINO ART UNIVERSITY | DEPARTMENT OF INDUSTRIAL, INTERIOR AND CRAFT DESIGN

武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科

metal

専攻の特徴

クラフトコースは、私たちの生活に深く関わりのある5つの素材を中心に、より良い生活環境を創造するために、ものづくりを実践する学びと試みの場です。高速化した情報や物に溢れ、経済効率を優先した世の中で、素材を生かしたデザインや自然を敬う日本人の美意識は、いま世界から注目されています。

2年次後期から、木工 金工 ガラス 陶磁 テキスタイルの専攻に分かれ、家具や室内装飾、装身具、テーブルウエア、ファブリックなど、工芸的な手仕事やプロダクトデザインの可能性を模索しながら、制作、提案を行います。課題ごとに、5コース全体で行う作品の発表や講評もこのコースの大きな特徴です。また、通常の課題だけでなく、様々な分野のクリエーターによる特別講義や企業との共同研究、海外でのワークショップ、学外展示など、社会に向けたアプローチを積極的に行なっています。

卒業後は、素材の魅力や工芸の技術を深めながら、自由な発想をかたちにする工芸家や美術家をはじめ、多様な社会に目を向け、素材の知識や経験をもつデザイナーとして、インテリア ファッション プロダクトの分野で多くの人々が活躍をしています。

カリキュラム

2年次
●クラフトデザインI:レリーフとパズルの制作
彫金に使う工具を作りながら基本的な使い方を学びます。小銅板の打ち出しによるレリーフの制作・糸鋸切り回しによるパズルの制作を行います。
1

●クラフトデザインII:小箱の制作
銅板及び真鍮板を用い規定サイズの小箱を2つ制作し、その表面を七宝、エッチング、透かし技法等で装飾します。正確な仕事を要求される寄せもの制作を経験することにより高度な技法を習得します。
2

●クラフトデザインIII: カトラリーの制作
金工基本技法を用いて、カトラリーの制作をする、機能と装飾のバランスを考える学習です。
3

3年次
●クラフトデザインIV(選択):インテリア小物のデザイン制作
鉄の鍛造技法によるインテリア小物の制作(フラワースタンド、キャンドルスタンドなど)。前半は鉄素材に慣れるための技法実習、後半は決められた形状・サイズの材料のなかでのデザインのプロセスを学びながら制作します。
4-1

●クラフトデザインIV(選択): ジュエリー制作の基本
すりだしリング、キャストリング、石留めペンダント、寄せものブローチの制作を通し、貴金属を用いたジュエリーのデザイン・制作の基本を学びます。
4-2

●クラフトデザインⅤ:デザイン制作/Fairy Tale
おとぎ話を選択し、各自の解釈に基づいた、キーオブジェクトや情景をデザイン制作します。
コンセプトの展開方法を学びます。
5

●クラフトデザインⅥ:デザイン制作/Site-specific
特定の場所のため、または特定の場所から着想を得てデザイン制作します。制作する間、場所について歴史等、深く考慮することでコンセプトの深め方を学びます。
6

●クラフトデザインⅦ:デザイン制作/Ritual
プライベートな儀式・習慣(ritual)に使われるモノを考案しデザイン・制作を行います。各自のモノへのこだわりを重視し、独創的なデザインの展開を学びます。
7

4年次
●クラフトデザインⅧ:自由制作/”対”
対(Tsui)をテーマに、素材、技法を選択し、独自性のある表現へと導く研究制作を行います。
8

●クラフトデザインⅨ:自由制作作/”間”
間(Ma)をテーマに、素材、技法を選択し、独自性のある表現へと導く研究制作を行います。
9

●クラフトデザインX:自由制作
卒業制作を視野に入れた自由課題。
10

●卒業制作
4年間の学習の集大成にふさわしいテーマのもと自由に制作を行います。
gra

卒業制作

  • 2013
  • 2014
  • 2015
  • 2016

教員紹介

進路

(株)ヴァンドームヤマダ、(株)カプコン、(株)グリーンディスプレイ、(株)ケイ・ウノ、(株)スタージュエリー、(株)西武百貨店、草月文化事業株式会社、(有)ソラ、(株)大丸松坂屋百貨店、(株)玉川堂、(株)TENGA、(株)パズル、(株)日比谷花壇、(株)ミキモト、(株)ミキモト装身具、(株)杢目金屋

産官学

TOP