下重 泰江

SHIMOSHIGE Yasue

非常勤講師

■最終学歴/武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業、
■主な仕事内容/ インテリアテキスタイルアート&デザイン
大学卒業後、織物メーカー(佐々木織物)、産業資材卸商社(森伝)各開発室勤務、 企業内デザイナーとして、インテリア及びインダストリアル(家具・自動車用)テキスタイルの企画開発に携わり、長年テキスタイルデザイン実務の現場に関る。一方、個人の創作活動として、オリジナルテクニック(織&ステッチ技法)によるタピストリーの制作発表を続ける。下重泰江アトリエ主宰。1987年以来タピストリー&テキスタイルワークの個展5回、他に団体展、企画グループ展、コミッションワークス多数。何れのフィールドにおいても繊維素材がもつ多様な強さとデリカシー、更には色の不思議な魅力が表現活動の源と考える。

 

shimo-01
『日溜まり・光の追憶』・2010年・パークコート麻布十番ザタワー納入

 

shimo-02
『green shade』・2010年・盛岡彩園子ギャラ リー

 

shimo-03
『ticking time ebony & tint』・1999年・千疋屋ギャラリー個展

 

shimo-04
『STRATA aqua』1997年・ KSCS International Invitation Exhaibition of Color Works受賞

 

shimo-05
『dialogue』・1989年・元麻布ガーデン納入