稲田 真一

INADA Shinichi

教授

自動車デザインを中心に人を乗せて動く様々なモビリティーデザインについて研究しています。環境/エネルギー/生活の変化を見据え技術は様々に進化し、モビリティーの姿も多様化しています。常に将来に向けた変革が試みられ、そこでのデザイナーの役割もますます重要になっています。

 

経歴
80年武蔵野美術大学大学院 造形研究科 修了
80年トヨタ自動車(株)入社
外形デザインを中心に、セリカやモーターショーカーなどのデザイン開発を行い、海外留学/勤務を経て、近年ではチーフデザイナーとしてRAV4、アリオン、アベンシスなどの生産車全体デザインを担当
また、カラーデザイン、NAVIなどの開発マネージメントや、デザイン分野全体マネージメントに携わる。

 

産官学
2011年 株式会社東海理化
テーマ 車を「より楽しく」「より魅力的に」
2012年 株式会社東海理化
テーマ 車をより安全に
2013年 株式会社本田技術研究所 汎用R&Dセンター
テーマ 未来のパーソナル・エネルギー・ライフに必要なモノの提案
2013年 株式会社ブリヂストン
テーマ 「将来モビリティーとそれを支える足回り」のデザイン
2014年 株式会社ブリヂストン
テーマ 「将来モビリティーとそれを支える足回り」のデザイン
2015年 株式会社ブリヂストン
テーマ 「将来モビリティーとそれを支える足回り」のデザイン
2015年 富士重工業株式会社
テーマ アクティブライフを演出する将来スバルのモビリティー研究

 

2013013_01-thumb-500x317-1837-thumb-500x317-1838-thumb-500x317-1839
トヨタ「セリカ」(6代目)1993年 外形デザイン
トヨタ自動車(株)ニュースリリースより

 

2013013_02-thumb-500x354-1841
トヨタ「MRJ」コンセプトカー 1995年 外形デザイン
トヨタ自動車(株)ニュースリリースより

 

2013013_04-thumb-500x308-1847
トヨタ「RAV4」(2代目)1996年 全体デザイン
トヨタ自動車(株)ニュースリリースより

 

2013013_05-thumb-500x310-1849
トヨタ「アリオン」2002年 全体デザイン
トヨタ自動車(株)ニュースリリースより

 

2013013_06-thumb-500x279-1851
トヨタ「アベンシス」(2代目)2003年 全体デザイン
トヨタ自動車(株)ニュースリリースより

 

2013013_07-thumb-500x317-1853
レクサス/トヨタ「コスモシルバー」2003年 カラーデザイン
トヨタ自動車(株)ニュースリリースより